洗顔の正しい方法

洗顔の正しい方法

間違った洗顔方法をしてしまっていませんか?
毎日行う洗顔。その正しい方法をご紹介しましょう。

 

朝について

 

朝は、洗顔料を使わないことがオススメです。
もしくは使っても、石鹸タイプや洗浄成分の強くないものにしましょう。

 

寝ている間にも汚れはつきますが、起きて動いているほどではありません。
そのため、朝は基本的に、洗顔料を使う必要がないのです。

 

もし使ってしまうと、必要以上に肌から皮脂を奪ってしまい、
それが乾燥肌、ニキビなどのトラブルの原因になってしまいます。

 

そのためできる限り水またはぬるま湯だけで、
肌に押し当て滑らせるように優しく洗い上げます。

 

夕方・夜について

 

夕方もしくは夜は、お化粧をしているのであれば、
クレンジングでお化粧を落としてから、洗顔を行います。

 

クレンジングでしっかりお化粧を落としたいものですが、
長時間クレンジングを肌に乗せておくと、
肌から皮脂をどんどん落としてしまい、乾燥の原因になります。

 

そのため、なるべく手早く洗い流しましょう。

 

洗顔料はしっかりと泡立て、その泡を肌に吸着させるように洗います。
こちらも水またはぬるま湯で流すようにしましょう。

 

朝夕のどちらも、水分を拭き取るタオルは清潔なものを使い、
柔らかく肌に押し当て水分を吸収させます。

 

タオルで肌をこすると、摩擦で肌にダメージを与えてしまうのでNGです。

 

頻度について

 

基本的には朝夕2回の洗顔で十分です。

 

やりすぎてしまっても、肌から皮脂を過剰に奪ってしまうことになるので、
朝夕2回がベストな頻度と言えます。

 

洗顔後にはしっかりと保湿を行い、なるべく必要のないお化粧などは避け、
肌への負担を極力減らすようにすることが大切です。