ターンオーバーの乱れがニキビの原因

ターンオーバー(新陳代謝)とニキビの関係

ターンオーバーとニキビの関係には、深いものがあります。

 

このターンオーバー(新陳代謝)がうまくいかないと、
きれいな肌を保つことはできません。

 

皮膚が生まれ変わる周期が「ターンオーバー」と呼ばれているものであり、
基本的には28日周期で生まれ変わります。

 

皮膚細胞が規則正しく入れ替わらないようになると、
肌が硬くなったり、乾燥・ニキビ肌になりやすくなります。

 

ターンオーバーが乱れると、
そのほかにも様々な肌トラブルが起きやすくなるのです。

 

入れ替わる周期が早すぎても遅すぎてもダメなので、
正常な状態に戻す必要があります。

 

たとえばターンオーバーが早くなると、未熟な細胞が角質層になるので、
水分保持力が弱くなり、ニキビができやすくなります。

 

摩擦などの刺激にもろくなるので、肌が乾燥しがちになり、
水分が少なくなって硬い毛穴ができてしまいます。

 

つまり、皮脂が詰まりやすくなるので、ニキビの原因になるのです。

 

ターンオーバーを乱す原因は、ストレス、睡眠不足、不規則な食生活などです。
そのため、生活習慣を見直し、悪い部分をしっかり改善する必要があります。

 

ストレスや不規則な食生活を改善すれば、
ターンオーバーの乱れを改善することができます。

 

美肌の基本は、規則正しい生活からです。

 

●SCIENCE ●Google scholar ●J-GROBAL ●日本WHO
●J-STAGE ●infoseek ●apple ●生命科学系データベース
●Nature ●Scientific American ●New England Journal of Medicine ●@コスメ
●The Cochrane Library ●Webcat Plus ●NACSIS-CAT ●CiNii Articles
●TBS ●Annals of Internal Medicine ●JAMA・米国医師会 ●The Lancet